トップ / マウスピースを歯科で作る

歯科で歯ぎしり治療

マウスピースを歯科で作る

歯科医院でつくるマウスピース

歯科医院というと、虫歯治療などの痛くなったら通うというイメージが先行しがちですが、最近では虫歯や歯周病予防のために、就寝用のマウスガードをつくることを勧める歯医者さんが増えています。マウスピースを装着して眠ることにより、歯ぎしりを防いだり、朝までしっかり眠れるという効果がありますし、知覚過敏や顎の痛みなども、マウスピースをつけて寝ることで、痛みや不快感を緩和させてくれる場合があります。市販品も販売されていますが、やはり歯科医院で型を取ってもらい、ご自身にきちんとフィットする物を装着する事が大切です。病院にもよりますが、5,000円前後で作ってもらえます。歯医者に行ったら、定期的にクリーニングを行うこととともに、マウスガードを作ってもらえるように相談をしてみましょう。

マウスピースで歯ぎしり対策

虫歯ではないのに歯が痛かったり、詰め物がよく取れる、顎の痛み、知覚過敏の症状がある場合は歯ぎしりが原因の場合があります。強い歯ぎしりは歯が削れ短くなったり、歯が割れることもあります。歯ぎしりは夜寝ている時やストレスを感じた時など自覚なしに行っている場合があります。歯ぎしり対策としては、歯科医院でマウスピースを作ってもらうと良いです。マウスピースは1、2週間程度で完成します。基本的には就寝時に使います。最初は違和感が強いので慣れるまで1、2時間くらいの使用にしましょう。2、3週間ほど使っても、痛いようなら歯科医院に行き調整してもらいましょう。

↑PAGE TOP