トップ / 歯科ブリッジで失った歯を治療

歯科治療のブリッジ

歯科ブリッジで失った歯を治療

歯科でブリッジを選ぶメリット

けがや病気などの理由で歯が失われた場合に歯科で行ってもらえる治療方法の一つにブリッジがあります。この治療補法は、失われた歯の両隣の歯を少し削って、そこに歯の形状をした人工歯を取り付けることによって、失われた歯の代わりにします。歯科でブリッジ治療を選ぶメリットとして第一に挙げられるのは、保険診療で行えることです。そのため、比較的少ないお金で治療を受けることができます。また、使用する人工歯の材質によっては、周囲にある天然の歯と同様の外観にすることも可能なので、違和感のない外観に仕上げることができます。

ブリッジの治療を受ける前に

歯科治療にブリッジという方法がありますが、この治療法を受けるときにはよく検討をしておくことが大切です。歯を失った場合には有効な治療法となっていますが、失ってしまった両脇にある歯を削ってかぶせ物をするので、削られた歯の寿命を短くしてしまうことが考えられるのです。そのため治療を受ける前に費用やその他の方法に、ブリッジを行ったときのデメリットなどもしっかりと説明を受けておくことが望まれるのです。歯を1回でも削ってしまうともとに戻すことはできないのです。ですから、その点を理解している歯科医であればきちんした説明をしてくれるので、そういった医療機関が良いのです。

↑PAGE TOP